現在地: ホームページ » 製品 » 植物エキス » ラムノース

loading

にシェア:

ラムノース

可用性ステータス:
ラテン名:
Sophora japonica L.
仕様:

• 95% ケルセチン (HPLC)
• 95% ルチン (HPLC)
• 98% ラムノース (HPLC)
使用される部品:
• のつぼみSophora japonica L.
認証:
• cGMP、ISO22000、HACCP、FSSC22000、コーシャ、ハラール

1.説明裂け目  の  ラムノースバルク

ラムノース  ラムノース98%、ケルセチン95%、ルチン95%で構成されたソフォラジャポニカLの花芽の乾燥エキスです。医薬品、ヘルスケア製品の分野で広く使用されています。  


6-デオキシル-マンノースとしても知られるラムノースは有機化合物であり、分子式はC6H12O5であり、植物多糖類、グリコシド、植物ガム、および細菌多糖類に広く存在する一種です。その甘さはスクロースの 33% で、腸の透過性を測定したり、甘味料として使用したり、香料の製造に使用したりできます。微量糖として植物に広く分布しています。結合糖の形態は、多くのフィトシド(クエルシトリン、イソヘスペリジンなど)、多糖類、特にペクチンとコロイドに見られます。純粋なラムノースは無色の結晶性粉末で、水とメタノールに溶け、エタノールにわずかに溶け、α型とβ型の2つの形で結晶化します。α型には結晶水分子が含まれており、これが加熱により失われてβ型(分子量164.16)に変化します。β型は非常に水分を吸収しやすく、空気中の水分がα型になります。一般的なのは、分子量が 182.11 の α-L-ラムノースです。

卸売ラムノースアセタールラムノースメーカー-Acetarラムノースファクトリー-アセターラムノースコストアセタール

前: 
次: