現在地: ホームページ » 製品 » 植物エキス » クコの実エキス

loading

にシェア:

クコの実エキス

可用性ステータス:
ラテン名:
クコ barbarum L.
仕様:
• 40%、60% 多糖類 (UV)
使用される部品:
• クコ barbarum L. の果実。
認証:
• cGMP、ISO22000、HACCP、FSSC22000、コーシャ、ハラール

1.説明裂け目  クコの実エキスパウダー

ゴジベリーエキス、別名クコベリーまたはクコベリーエキス、  は、クコ barbarum L の果実抽出物です。特徴的な匂いと味のあるさらさらした粉末です。ヘルスケア製品、栄養補助食品、食品添加物、機能性飲料の分野で広く使用されています。  


クコは、ナス科クコ属の一種です。ウルフベリーは、市販のクコ、寧夏クコ(寧夏クコ)の総称です。クコ barbarum L.)、中国のクコおよび他のクコの種。人々が消費し、薬として使用するクコの実のほとんどは、寧夏回族自治区のクコの実です (クコ barbarum L.)、そして寧夏回族自治区のクコは、中国薬局方の 2010 年版に含まれる唯一の種です。寧夏クコ(クコ barbarum L.)は、中国北西部を中心に、中国最大の栽培面積を持っています。主に寧夏回族自治区で栽培され、甘粛省で少量栽培されています。他の地域で一般的な品種は、クコとその変種です。寧夏回族自治区のクコの熟した乾燥果実は、楕円形または紡錘形で、やや平らで、長さ 1.5 ~ 2 cm、直径 4 ~ 8 mm です。表面は鮮やかな赤から濃い赤で、不規則な皺があり、わずかに光沢があり、一端に白い茎の跡があります。中には黄色い種がたくさん入っていて、  無臭、甘い味。噛むと唾液が赤や黄色に染まります。ゴジエキスメーカー-アセターゴジエキスサプライヤー-アセタークコエキス末工場-アセタークコの実エキス工場-アセター





前: 
次: