現在地: ホームページ » 製品 » 植物エキス » イチョウ葉エキス

loading

にシェア:

イチョウ葉エキス

可用性ステータス:
ラテン名:
•イチョウL.
仕様:
• 24% フラボン配糖体 (HPLC)
• 6% テルペンラクトン (HPLC)
• ギンコール酸 ≤5ppm
使用される部品:
• イチョウ葉の乾燥葉。
認証:
• cGMP、ISO22000、HACCP、FSSC22000、コーシャ、ハラール

1. 説明  イチョウ葉ドライ エキス

イチョウ葉エキスは、イチョウの葉を乾燥させたエキスです。 苦味。医薬品、健康製品、食品添加物、機能性飲料、化粧品分野で広く使用されています。


Ginkgo biloba L、ginkgobilobal、yajiaotong などとも呼ばれます。落葉樹で、高さは 40 m にもなり、幹は直立し、樹皮は淡く、通常は人工的に栽培されます。イチョウの葉は扇形で、色は季節によって緑と金色に見えます。通常、葉がまだ緑の秋に収穫され、適時に乾燥して貯蔵されます。イチョウは主に広西、四川、陝西、河南、山東、湖北、遼寧、江蘇、中国、日本、韓国などで栽培されています。しかし、イチョウは 1730 年頃にヨーロッパでも栽培されました。イチョウは最も古い木の 1 つと考えられており、5 月に開花し、10 月に熟すオレンジ イエローの果実があります。ゆっくりと成長し、非常に長い間、数千年も生きます。


イチョウの葉には幅広い生物活性があり、フラボノイド、テルペノイド、多糖類、フェノール、有機酸、アルカロイド、アミノ酸、ステロイド化合物、微量元素など、さまざまな化学成分が含まれています。その中でも、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、カルシウム、リン、ホウ素、セレンなどのミネラル成分も豊富ですが、最も重要な薬効成分はフラボノイドとテルペノイドです。フラボノイドとテルペノイドには、血管拡張、抗酸化などの効果があります。


2. 提供する基準

USP39 EP8.0 CP2015
•総イチョウフラボン配糖体 22%~27%

• 総テルペンラクトン 5.40%~12.00%

• ギンコール酸 <5.00ppm

• ケルセチン/ケンフェロール ≥0.70

• イソラムネチン/ケルセチン ≥0.10

• 遊離ケルセチン ≤0.50%

• ルチン ≤4.00%

•総イチョウフラボン配糖体 22%~27%

• 総テルペンラクトン 5.40%~6.60%

• ビロバライド 2.60%-3.20%

• ギンコライド 2.80%-3.40%

• ギンコール酸 <5.00ppm

• 総イチョウフラボン配糖体 ≥24.00%

•総テルペンラクトン≧6.00%

• ギンコール酸 <10.00ppm

•ケルセチン/ケンフェロール  0.80~1.20

• イソラムネチン/ケルセチン ≥0.15


3.第三者によるテスト済み  最高品質のイチョウ葉エキス

フラボン配糖体       √テルペンラクトン       √ギンコール酸       √DNA       √残留農薬


4. サプライチェーン管理  

品質、コスト、トレーサビリティ、安定供給を原料面から管理するため、厳格な監査のもと、資格のあるイチョウの栽培拠点と緊密に協力しています。

イチョウ葉エキス 価格-アセタール


5. 製造およびすべてのバッチの内部ラボ試験

Acetar の全生産ラインは、製品の品質と安全性を確保するために GMP 基準に従っています。製品のすべてのバッチは、Acetar の専門の品質管理チームによってサンプリングされ、テストされる必要があります。

最高品質のイチョウ抽出物メーカー-Acetar


6. カリフォルニア倉庫在庫あり

米国の倉庫に大量の在庫を定期的に保管しており、いつでも迅速に対応できます。

植物エキスメーカー-アセター


7. cGMP ワークショップと生産をオンラインで見学する


前: 
次: