現在地: ホームページ » 製品 » 植物エキス » アマチャヅルエキス

loading

にシェア:

アマチャヅルエキス

可用性ステータス:
ラテン名:
Gynostemma pentaphyllum (Thunb.) マキノ
仕様:
• 80%~98% ギペノシド (UV)
• 5:1、10:1、20:1
使用される部品:
• のハーブ全体Gynostemma pentaphyllum (Thunb.) マキノ
認証:
• cGMP、ISO22000、HACCP、FSSC22000、コーシャ、ハラール

1.説明裂け目  の  アマチャヅルエキス末

アマチャヅルエキスはアマチャヅルマキノの全草エキスを乾燥させたものです。それは自由に流れる粉末です。特徴的な匂いと味。ヘルスケア製品、栄養補助食品、食品添加物、機能性飲料の分野で広く使用されています。



Gynostemma pentaphyllum は、アエシン、五葉人参、小苦薬、ゴンログオディ、小葉五爪竜などとも呼ばれ、ウリ科の植物です。抽出元はアマチャヅルマキノの全草乾燥物。アマチャヅルは世界で 13 種、中国では 11 種が知られており、秦嶺山脈の南部に広く分布し、主に湿地に生育しています。ギペノサイドAの含有量が多いほど、原料の品質が良くなります。アマチャヅル抽出物の主成分は、アマチャヅルの総サポニンであり、その後にフラボノイドと多糖類が続きます。Gynostemma pentaphyllum には 80 種類以上のサポニンが含まれており、その中には高麗人参のサポニンと構造が似ているものもあり、ジンセノサイド類似体です。アマチャヅル抽出物は苦味があり、ヘルスケア製品や化粧品として使用できます。同時に、アマチャヅルの抽出物は、畜産業や獣医学で広く使用されています。アマチャヅル抽出物メーカー-Acetarアマチャヅル葉エキス工場-アセターアマチャヅル葉エキス サプライヤー - アセタールアマチャヅル粉工場アセタール



前: 
次: